検索
  • 圭樹 竹中

いまだからこそ「写真」を「プロ」に任せたほうがいい、2つの大きな理由




今の時代の大きな特徴の一つ。 それは「誰もがカメラを常に持ち歩いている」こと。 カメラと言うよりスマートフォンですが、 こんな時代は今までありませんでした。 どんなところでも スマホで撮影している姿を見かけます。 公園、カフェ、街中いたるところで 一緒にいる人を撮ったり、自分を撮ったり、 風景を撮ったり、料理を撮ったり、、、 こんなに写真を撮ることが 人の生活に密着している時代は いままでなかったと思います。 ちょっと記録しておきたい、 これを人と共有したい、 そんな気持ちになったとき ほとんどもう無意識に スマホを取り出していいるのではないでしょうか。 誰もがかんたんに写真の楽しさを 撮る面白さ、見せる喜びを 日常的に感じている。 本当に素晴らしい時代になったものです。 スマホを含めたカメラの進化のおかげで 誰もが失敗することなく 上手に写真を撮ることができます。 こんなにかんたんに キレイに写真が撮れるなら わざわざプロに撮ってもらわなくても 自分で写真を撮ればいい。 そう思われる人も多いのではないでしょうか? それでもそこには 誰もが料理が作れるのに 高価な値段を払ってレストランに行くように プロに撮ってもらう理由があるのです。

自分で写真を撮っていて 自分が目で見て感じたように写らなくて ちょっとがっかりしたことは ないでしょうか? 人間の目はとても優れています。 脳に直結しているので 意のままにピントを合わせることができますし、 明るさの調整も自在です。 さらに自分が見たいものだけ 見ることができ、見たいもの以外は 見ないようにすることができます。 周りにゴミが転がっていても 目に入って来なかったりします。 でもカメラはそういうわけにはいきません。 どれだけ進化しても レンズを通した光を、光学的に記録する、 それがカメラです。 そんな「道具」なので、 そこには「使い方」があります。 うまく使わないと 自分の「目」で見て感じたものと 同じ写真は撮れません。 カメラは進化して自動化されました。 ピントや明るさについては ほとんど失敗することはなくなりました。 それでも 「自分の目で感じたものを 感じたように写真にする」 には技術が必要です。 光学的な仕組みを理解して その知識と経験をもとに 意図したように写真を作り上げる。 カメラが進化しても 撮影のプロが存在しているのは その理由です。

でもそれだけではありません。 さらに決定的に、プロが必要な大きな理由があります。 写真は英語でphotograph photoは、光 graphは、絵 つまり写真は「光で描く絵」なのです。 光がなければ写真は写りません。 そして光をうまく使うことで、 光をコントロールすることで、 目に見えるものより さらにより良いイメージを 写真にすることができます。 それが「ライティング」です。 目で見たものを、見た感じのままに 写真にすることは 誰でもできることがあるでしょう。 でも「目」で見ることのできないイメージを 光をコントロールして作り上げるのは いくら技術がすすんでも 自動化することができない、 これはもうプロの仕事です。 ライティングこそが 写真撮影をプロに頼むべき 大きな理由です。 ライティングをするからこそ、 写真が料金を払うに値するものになるのです。 そしてライティングこそは レストランの料理がそうであるように、 その技量が、たとえプロだとしても 大きく差が出るところです。 目に見えない光なだけに そこには知識と経験、 そしてセンスが大きく影響します。 ライティングにこそ プロのカメラマンの価値が表れるのです。

写真は光があれば写ります。 ライティングといっても 所詮は光を出す機材です。 機材であるから、誰でも使えます。 だからライティングだって 誰でもすることはできます。 でもライトを使って写ることと、 光を高度にコントロールして 被写体に最適なライティングをすることは 似て非なるものです。 完全に光を理解し コントロールして使いこなすには 豊かな知識と経験が不可欠です。 プロを選ぶ際には 料金の安さだけではなく、 ライティングがきちんとできるかを 判断することも重要です。


アーティストフォトスタジオは 広告、雑誌などで長年第一線で活躍するカメラマンが その知識と経験をいかして あなたの人生で最高の写真を提供するサービスです。 広告や雑誌では、様々な条件の中でも カメラの光学的な知識、経験と ライティングの知識と技術、経験を駆使して 最高の結果を出すことを常に求められます。 その技術と経験をいかして 多くの人に最高の写真を提供することで 微力ながら、少しでも社会の役に立てればと そんな想いで運営しております。 画一的なよくある写真ではなく、 自分の望むイメージで、 いままでで最高の写真を撮りたい、 そんなあなたであれば アーティストフォトスタジオはお力になれると思います。

14回の閲覧

ARTIST

PHOTO

STUDIO

ARTIST

PHOTO

STUDIO

竹中圭樹写真事務所

東京都新宿区新宿5-4-1

​新宿QフラットビルB3(地下一階)

050-5362-5317

keiju@m5.dion.ne.jp

  • Facebook B&W
  • Twitter B&W
jwcc_bn.gif
link3.jpg
title88_31.gif
banner_88_31.gif